会社案内

社長挨拶

お客様の立場で、使いやすさを追求。
鋼板素材と加工のトータルニーズにお応えします。

わが社は昭和27年、ミルスケール(製鋼原料)の集荷業務をメインに創業致しました。その後50年有余、日本の鉄鋼業の変遷と共に微力ながらお客様の要望にお応えすべく、扱い商品や業態を少しずつ変え、現在は厚板の素材販売、溶断加工、関連物流と三事業を中核として営業展開をしています。
わが社は鉄鋼流通の中間に存在し、鉄鋼メーカーとユーザーの橋渡しを使命に、「鋼材の提供を通しお客様の繁栄を手助けし社会に貢献する」を基本経営理念として志を貫く所存です。
三事業を統括することでお客様のトータルニーズに更にお応えし、また社員教育にも専念し信頼される企業を目指しますので、今後ともご指導を賜りたく御願い申し上げます。

梶哲商店 代表取締役 梶 哲夫

会社概要

社名株式会社 梶哲商店
設立昭和43年4月8日
資本金5,400万円
役員 代表取締役梶 哲夫
常務取締役水口 英敏
非常勤取締役梶 大吉(総合トラック社長)
会計参与福田 晴夫
所在地 本社
〒279-0032千葉県浦安市千鳥12-11
(営業部)TEL:047-305-1191 FAX:047-305-1104
(総務経理部)TEL:047-305-1195 FAX:047-305-1104
(溶断加工部)TEL:047-305-1143 FAX:047-305-1304
関連会社 総合トラック株式会社
〒279-0032 千葉県浦安市千鳥12-11
TEL:047-316-6644 FAX:047-316-6641
http://www.sohgo-truck.co.jp
事業内容 首都圏区域貨物自動車運送事業
自動車運送取扱事業
倉庫業
株式会社メタル便
〒279-0032 千葉県浦安市千鳥12-11
TEL:047-382-2401
http://www.metalbin.net
事業内容 ロジスティクス(主に浦安鉄鋼団地発の鋼材小口混載便)
加盟団体 全国鉄鋼販売業連合会/東京鉄鋼販売業連合会/全国厚板シヤリング工業組合/江戸川鐵栄会
取扱いメーカー 新日鐵住金、JFEスチール、神戸製鋼所、中部鋼鈑、東京製鐵、中山製鋼所、CSC(台湾)、POSCO(韓国)、他

会社沿革

大正中期より創業者梶次三郎が東京本社区厩橋(現、墨田区本所)で古鐵商を営み始める。
昭和10年頃よりシャーリング業に転ずるが、昭和16年に休業する。

昭和27年11月東京都墨田区錦糸町にて、梶哲(かじさとし)が鉄鋼原材料(ミルスケール)の扱いを主として個人開業
昭和31年04月東京都江東区亀戸に移転
昭和35年07月東京都江戸川区葛西(現、東葛西)に移転
昭和43年04月株式会社に改組、資本金500万円
昭和46年10月資本金1,500万円に増資
昭和50年04月高炉及び大手シャー発生の厚板端板在庫販売開始
昭和53年04月東京都江東区東雲鉄鋼団地に鉄屑加工工場を新設
昭和58年09月資本金5,000万円に増資
昭和61年09月運輸部門を関連会社(現、総合トラック)へ分離移管
昭和62年11月本社東葛西に新社屋兼鋼板倉庫建設
平成02年05月千葉県市川市に厚板倉庫を借り営業開始
平成02年05月梶哲死去にともない、梶哲夫社長に就任
平成11年05月東雲工場閉鎖(鉄屑加工の撤退)、工場は他社賃貸
平成14年07月溶断加工事業を開始(東京都墨田区と千葉県芝山町に溶断工場開設)
平成15年03月本社東葛西の土地売却、中葛西に本社事務所移転 本社倉庫閉鎖(市川倉庫へ集約)
平成16年03月
12月
千葉県企業庁より浦安市千鳥町に土地取得
同地に新倉庫を建設
平成17年01月
05月
09月
浦安倉庫に鋼板販売事業を集約(市川倉庫閉鎖)
浦安倉庫に溶断工場移設(墨田工場閉鎖)
資本金5,400万円に増資
平成22年02月 本社機能を浦安営業所に集約。中葛西本社は登記上とする
平成23年04月 浦安工場にレーザー・ガス溶断工場を移設(芝山工場閉鎖)
平成25年11月 創業60周年を向え、記念行事を遂行
平成27年4月 搭載型6KWレーザー1基を導入
平成28年11月 本社を浦安に移転

会社設備

浦安工場
レーザー切断機(搭載型)〈LMZV25-TF6000〉開先機能付…1基
レーザー切断機(搭載型)〈LMRU-TF2000F〉…1基
NCトレーサー<KT-590J>…4基
ポータブル切断機<KT-5n他>…3台
ガラショット機…1台
2.8tクレーン…2基
CAD/CAMシステム<ANSWIN-2000>…1台
CAD/CAMシステム<ANSWIN-800>…1台
浦安倉庫
7.5tクレーン…2基
4.8tクレーン…2基

このページのトップへ